福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

四死球の後の一球目

 
この記事を書いている人 - WRITER -

開幕カードの2戦目3戦目、柳田悠岐の逆転ホームランで試合の流れをがっちりと掴んでそのまま勝利に繋げた。
ホームランの直前2番打者の今宮が3/30には押し出しの四球、3/31には死球で出塁している。
四死球の後の1球目を狙い撃ちするというのはセオリーではあるし、セオリー通りに打ちに行って最高の結果を得られたが、
果たしてそんなにセオリー通りにフルスイングできるものだろうか。
例えば3/30日の四球の後の満塁ホームランは、今宮の打席までに二死満塁の場面を作り、今宮には四球で押し出し。投手は通常の精神状態では無かったと思う。黙ってみていればもう一点押し出しでとれていたかもしれない。4-1から4-2になったかもしれない場面だ。
しかし柳田は初球を迷いなくフルスイングした。四球を待てば、4-2になり尚もチャンス続行。 打ち損じれば4-1のまま。更に その回も終了しチャンスは消滅。
そのような恐れを抱かず、先日の場面で迷いなく振れたことに柳田の自信と集中力を感じた。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.