福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

オープン戦最終戦引き分け

 
この記事を書いている人 - WRITER -

オープン戦最後の試合となる今日のカープ戦。先発は開幕ローテ入り試験の追試とも言えるアンダースロー高橋礼。前回登板では5回を投げ切ることを求められたが、5回4失点と微妙な結果だった。さて今日の高橋礼は5回3失点。5回にはちょっとバタバタしたが、2失点でこらえた。6回のマウンドにも上がったが、二本のヒットとショート高田のエラーで無死満塁としたところで、嘉弥真に交代。今回も開幕ローテーション入りは微妙なところだろう。この先の成長を2軍で投げて積み重ねるか、1軍で覚えていくのか、首脳陣の考え次第だと思うが。試合を作るということは出来たように思う。先発としてしっかり試合を作れたとは言えないかもしれない。5回のバタバタが後の投手にも伝染したようにも思うが、全くダメというわけでもなさそうだ。
もう一つ甲斐野が珍しく乱調。これまでに見られなかった姿なので意外だった。
先頭の田中にヒットを打たれた後、菊池、西川を打ち取るが、鈴木誠也に四球
松山にはボール先行で6球を要しタイムリーヒット。ここで失点を許し尚も3塁一塁のピンチで、阿部にストレートの四球で2死満塁。次の曾澤翼には5球目のインハイの直球が顔にあたり危険球により退場。今日の甲斐野はどこか変だった。まずストレートの球速が遅い。全投球28球中ストレートは、16球。約70%だが、
これまでの投球で直球はほとんど150km/hを超え力勝負出来ていた甲斐野が今日は16球中150km/h超はわずか3球。どこか具合が悪いのだろうか?
開幕を前に1軍登録されたことで力みが出たのだろうか。
開幕直前に不安の残る登板となった。

攻撃の方は、ラン&ヒット、ダブルスチールと足を生かした攻撃を積極的に繰り広げ、今年のスローガン「奪sh!」を体現した。昨日膝に死球を受けたデスパイネはベンチスタートで心配されたが、4回からグラシアルに代わり出場。問題無いようだ。もう一つ2回の表上林の打席で代打福田。この打席は上林のこの日の1打席目だった。1打席目に代打を送られるとは・・・何かあったのだろうか?心配だ。

高橋礼が5回を投げたことにより先発ローテーションには何とか目処が立ったし、攻撃に足も使えるようになってきた。開幕に向けて心配ないわけでは無いが、何となく見通しは明るいのではないだろうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.