福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

4番柳田

 
この記事を書いている人 - WRITER -

本日のDeNA戦ホークスのスタメンは以下の通り

1、 牧原 大成 2B
2、今宮健太  SS
3、グラシアル LF
4、柳田悠希  CF
5、デスパイネ DH
6、松田宣浩  3B
7、上林 誠知   RF
8、福田秀平  1B
9、甲斐拓也  C

内川離脱の影響を受けてのこの打順だと思うが、3回表にグラシアルの3ランHRで先制。甲斐拓也2ベースから今宮の内野安打で2死1,3塁から6球目のストレートを捉え3ラン。良い投球をしていた上茶谷を早めに攻略したことで投手陣は投げ易くなったことだろう。

4番柳田は第一打席でセンター前ヒットを放ったもののヒットはその一本のみ。
打点も無い。しかし第二打席のセンターフライはフェンスの手前まで飛んでおり、心配するような状態ではないように思う。
4番に柳田を置くと、すべてが柳田の出来如何にかかってくるかと思っていたが、グラシアル、デスパイネと4番を打ってもおかしくない打者が前後にいることで、柳田が打たなければ点のとれない打線では無くなる。開幕後も3番柳田に捉われず、このような形があっても良いと思う。

先発はミランダ。ミランダは前回登板でも安定しておりもう開幕に向けて調子を落とさないことが大事だが、
今日は被安打2、与四死球3で 自責1がついたものの、5回を85球とテンポよく投げられた。ミランダは慎重になりすぎるよりもこれくらいテンポよく投げた方が結果が出るんだろう。

肩の違和感で開幕が微妙といわれていた加治屋蓮が登板。1回を3人で締めくくった。問題ないようだ。
前回登板で不安の残った嘉弥真も登板し、左打者楠本にヒットをゆるしてしまったものの、丁寧に低め、右打者のアウトコースを突き、3つのゴロアウトで1回を投げ切った。楠本に対しては、アウトコースの球がストライクを取れず苦労した末での被安打。嘉弥真に求められているのは対左打者への対応だろうから、左打者にこれではいけない。嘉弥真はスライダーを軸にストライクゾーンの端を突いていくスタイルだと思うが、左打者のアウトコースへのスライダーの制度が上がると安定するのかな。
楠本に投げた球7球中ストレート3球(全てストライクゾーン)スライダー4球(全てボール)ではいけない。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.