福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

そろそろ打線の爆発を見たい

 
この記事を書いている人 - WRITER -

オープン戦はここまで投手の調整に使って来たという感じだが、ところで打線はどうなのか?

課題だったリードオフマンの固定はできそうなのか。柳田3番は成立しそうか。

リードオフマンは1番牧原でほぼ確定な感じか。あまりいろいろ試している風でもないし。牧原も起用に応えている感じに見える。ただし牧原はジャンル分けをするなら大村直道タイプのいわゆる核弾頭型1番と言えるだろう。初球から積極的にバットを出していき、ツボにハマると先頭打者ホームラン。調子が悪くなって出塁率が下がると自称野球通に叩かれるタイプだ。2番は今宮か上林な感じか。上林だと2番からクリンナップが終わるまで5人相手投手にプレッシャーをかけることになる。しかし今宮は目標を3割20本と掲げており、それが達成できるなら上林と同等のプレッシャーになる。加えて進塁打、バントの技術も高くどっちに転んでも打線が繋がりそうだ。大事なのは今宮自身が打席の中で迷わずにその打席の目的をしっかりと見据えることだと思う。

柳田を3番にした場合には4番をどうするのか。内川4番が規定路線と思っていたがここ数試合は内川6番となっている。4番にはデスパイネ、5番グラシアルとなっている。これは相手バッテリーにとってかなりのプレッシャーだろう。柳田を歩かせてデスパイネ-グラシアルと続くのも危険だし。柳田勝負が増えるかれない。

6番までがこの形で埋まると7番に上林を置くか、今宮を置くかで2番が決まるのだろう。

ここまでホークス打線は不調には見えないものの凄く繋がってる風でもない。開幕に向けて最後のカード打線の大爆発を見たい。それは3番柳田のバットにかかっていると思う。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.