福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

回の途中からをどう乗り切るか

 
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日負け投手になってしまった甲斐野央、今年初の失点となった(自責点は0のまま)川原弘之。共に回の途中からの登板だった。
開幕1軍となれば、まずはセットアッパーとしての起用になるだろうから、当前回の途中と言う登板も考えられる。もしかしたら絶体絶命のピンチの場面かもしれない。「森福の11球」のような神業が出来れば最高だが、毎回そうもいかないだろう。
川原に関しては、1塁に走者を置いた場面で登板し、盗塁をされた後に
センターへタイムリーヒット。1点は取られてしまったが、まあ仕方ないとも言える失点だったと思う。
一方甲斐野央は、1死走者なしの場面で登板し、最初の打者吉川に四球。配球を見ると直球が全て真ん中高めに行っている。
実際の映像を見ていないが、打たれなかったのは球速のおかげか。
そして次の打者に本塁打を浴びる。
更には次の打者にも四球 という残念な結果。
シーズン中なら大惨事にもなりかねない展開だ。
工藤監督の言う通り「この時期だから出来る貴重な体験」ではあると思うが、この結果から甲斐野がどう成長するか楽しみだ。「投手の代わり端の1球というのは打者にとっても特別なボールである。それだけに回の途中からの登板は難しい。そこに最高の球を投げれる投手になって欲しい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.