福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

藤井将雄とキャッチボールした男が独立リーグで156km/h

 
この記事を書いている人 - WRITER -

この時期に156km/hを計測と騒いでいるが、うち(ホークスでは)ルーキー甲斐野が本拠地初登板で158km/hを計測しており、速いなとは思うけど、それほど驚きはしない。
しかしその投手が北方悠誠と言うなら話は別だ。

北方悠誠:
1994年1月25日(25歳)
佐賀県唐津商業出身
家族ぐるみで藤井将雄と交流があり幼少期に本人とのキャッチボールを経験。
2011年ドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに入団。
2014年同球団戦力外。
2014年福岡ソフトバンクホークスの秋季キャンプにテスト生として参加しそのまま2015年から育成契約。
2015年3軍戦で9試合に投じたのみでその年一杯で戦力外通告を受ける。
その後2015年群馬ダイヤモンドペガサス。2016年~2017年愛媛マンダリンパイレーツ、2018年信濃グランセローズ、2019年栃木ゴールデンブレーブスとNPB退団以降毎年のように球団を変えながら独立リーグを渡り歩き野球を続けている。このニュースを見たときに「まだ野球を続けていたか」というホッとした感情がまずあったが、制球難は相変わらずのようだ。制球に拘り過ぎると持ち味の球の勢いが消えてしまうのかもしれないが、最速なんてそうそう出るものでもないし、まだNPB復帰への夢を捨てきれずに頑張っているようだが、頑張った先にNPBに戻ってくるならソフトバンクホークスへと思う。さすがに15番を背負ってほしいとまでは言わないが。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.