福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

オープン戦マッチ満塁弾!甲斐野本拠地デビュー

2019/03/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

オープン戦はヤフオクドームで昨日に続き対阪神タイガース戦
先発はホークス:ミランダ、阪神、メッセンジャー。

スタメンは以下の通り

タイガース
1、上本(2B)
2、近本(LF)
3、ナバーロ(DH)
4、大山(3B)
5、マルテ(1B)
6、北条(SS)
7、中谷(CF)
8、坂本(C)
9、江越(RF)

ホークス
1、牧原(2B)
2、上林(RF)
3、柳田(CF)
4、内川(1B)
5、中村晃(LF)
6、松田(3B)
7、グラシアル(DH)
8、甲斐(C)
9、今宮(SS)

チーム  計  
阪  神200000000
ソフトバンク40000300X

【阪神】 ●メッセンジャー、ガルシア、西、藤川、ドリス

【ソフトバンク】 ○ミランダ、 高橋礼、 笠谷、 甲斐野、 森

[本塁打] 大山1号(神) 松田宣1号(ソ) グラシアル1号(ソ)

ソフトバンクの先発ミランダはここまでの実戦で良い投球をしていたが、
今日はなんだか制球が定まらない様子。先頭の上本に四球を与えていきなり走者を背負う。ここから三振と内野ゴロで2アウトにするが4番大山に2ランホームランを打たれてしまう。本塁打を打たれた球は低めのストレート。甘い球ではなかったと思うが、打った大山が良かったという事だろうがいきなりの2失点は痛い。
2番手高橋礼はテンポよく投球しタイガース打線に自分のバッティングをさせませんでした。オフに結構バラエティ番組に出演していてトレーニングは出来ているのだろうかと心配したが、タイガース打線を手玉にtった感じを見R限り全く心配ない感じだ。当然先発として期待されているだろうが、アンダースローで肩への負担が少ないことを考えると、第2先発としてヘビーローテーションも良いような気がする。(そもそもアンダースローは肩への負担が少ないのかどうかは未検証だが)
3番手の笠谷はキレのあるストレートとスライダーで1回をパーフェクト。
4番手は快速ルーキー甲斐野がついに本拠地登板。コールに球場は沸いた。
最初の対戦打者上本のセーフティーバントに平常心を崩されたのか、キャンプから見せていた常時150km/hを超えるストレートはそのままで、フォークも見せていたが、どこかコントロールがバラついていた。次回はその快速ストレートを存分に生かした投球を見せて欲しい。

1回裏、1番牧原はボール球を打ち上げ内野フライ。1番打者としての適性を問われる内容かもしれない。積極的に振ってリードオフマンとして成功した選手は少なく無いが、それならば結果的に3割に近い打率を求められる。2番上林は詰まったショートゴロ内野安打。3番柳田はレフト前に抜けるヒット。柳田らしい打球とは言えないが、体から遠い球を昨年までなら無理に手首を返して1,2塁間に転がして併殺打になっていたように思うがコースに逆らわず良い方向に転がした。
1死1,2塁で4番内川を迎えるがライトに大きなフライ。内川ならば左中間辺りにポトリと落ちる打球をきたいしていたが、打球が強すぎた。5番中村晃は、らしくしぶとく粘り四球。6番松田に変化球で追い込まれるも4球目に投じられた真ん中高めの甘い球を見逃さず満塁弾
深く踏み込んで前で裁くマエ・テギュン打法では無かったが、真ん中高めを美しいスイングで振り抜いたマッチらしくないと言えばらしくない本塁打。

6回タイガースの投手はオリックスからF.A.で移籍してきた西勇輝。柳田は全球コースを突いたストレートにショートゴロ。内川は、2球目のカーブを外野手の前に巧みに落す内川らしいヒット。開幕に向けて調子は上がっているようだ。
晃はタイミングが合わなかったのか簡単に三振。続く松田が四球で出塁すると
グラシアルが、インハイのストレートを腕をたたんで引っ張りレフトスタンド中段へ。昨シーズン終盤から器用な所もたくさん見せてきたがこんなバッティングも出来るんだ・・・。この時期これだけのだげきができるのはオフにしっかり調整してきたという事だろう。合流が遅れているデスパイネもかなりの仕上がりを見せなければ開幕1軍は難しいかもしれない。

7回途中出場の周東だったが併殺になりそうな打球ながら俊足で併殺は取られず。
この後果敢に2盗を試みて阻止されるてしまったが、スタートを切れたこ事がなにより収穫だと思う。
あと塚田は練習試合から通じて打撃の調子がいようだ。
もう一件、7日の守備から出場した栗原。もっとしっかりボールを止めなければ、いくら打撃が良くても、2塁送球が良くても捕手としては使えない。しっかりキャッチングの練習をして欲しい。

次の試合は3/5,6にヤフオクドームで行われる西武ライオンズ戦。
先日(2/27)行われた球春みやざきベースボールゲームズでの対戦では3-8で大敗してしまったが、今期中心選手浅村が抜けた穴をどう埋めてくるのか、それに対してホークスがどう戦っていくのかある程度のみきわめる大事な試合だ。
先発はどうなるのだろう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.