福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

球春みやざきベースボールゲームズ福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズの試合の模様と感想。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日の球春みやざきベースボールゲームズの試合はホークス対昨年の覇者ライオンズ。両チームのスタメンは

ソフトバンク
1(右)上林誠知
2(遊)今宮健太
3(中)柳田悠岐
4(一)内川聖一
5(指)中村晃
6(三)松田宣浩
7(左)福田秀平
8(捕)甲斐拓也
9(二)牧原大成
投手 武田翔太

西武
1(左)金子侑司
2(遊)源田壮亮
3(中)秋山翔吾
4(指)山川穂高
5(捕)森友哉
6(二)外崎修汰
7(右)木村文紀
8(一)呉念庭
9(三)佐藤龍世
投手 伊藤翔

ホークスは1番上林で攻撃的オーダー。2番今宮も決して小技中心ではない。おまけに今年は3割20本目指してますし。そのうえ小技が必要な場面ではきっちり決めてくれそうだ。(希望)内川は並々ならぬ思いで4番に挑んでいるようだし。
デスパイネが合流すれば変わってくるだろうけど5番中村晃も堅い。いマッキーは9番。上林を1番に置くとそうなりますよね~ノンプレッシャーで打てるならとにかく出塁して上林に繋ぐと得点力は格段にアップしそうだ。何より9番で切れない打線は投手にとってキツいはずだ。ほぼレギュラーですね。左右のジグザグに組めてるし。周東や美間の名前が無いのは寂しいが全力で昨年王者の胸を借りて腕試しというところか。新兵器は隠しておく作戦か。
一方ライオンズは金子侑司が1番。浅村の穴を埋めるために秋山を3番に持って行った結果だろう。 金子侑司は秋山と比べてしまうとスケールダウン感は否めない。その辺りがどう出るか。昨年の浅村の打点王は1番秋山あってのものだったと思うのだ。一方秋山と浅村を比べると決して見劣りしない。昨年のOPSで比べれば、浅村.910 秋山.937 と似たような感じだ。金子も源田も足が速いので長打でなくても本塁に帰って来れるため、出塁率で比べると浅村.383 秋山 .403と出塁して山川に打点を稼がす事も出来る。パンチ力のある森友哉や外崎を据えるよりも得点力は高そうだ。ただ1番秋山の恐怖が薄れるのはホークスとしては有り難い。

ホークス先発は武田。今年のオフはあまりバラエティで見かけなかった。やっと野球に集中してくれたのかと期待しているが、結果を残せるだろうか・・・。

試合結果

チーム
西 武
ソフト

【ソ】武田、高橋、中田、二保、川原、松田、甲斐野

【西】伊藤、野田、田村、武隈、増田

【本】甲斐(ソ)金子侑(西)真砂(ソ)

なんと!!迫力不足と評した金子侑司が2ランとなる場外弾!見くびっててごめん。
武田翔太は3回途中5失点で降板。練習試合で途中降板ってあるんだ・・・。余程修正利かなかったんだね・・・。昨日の千賀ではないが、この時期で良かったと思って発見できた修正箇所の修正を頑張って欲しい。開幕まではまだ間がある。
2番手の高橋は高橋礼ではなく純平。3番手の中田が金子に2ランを打たれて失点しているので、育成から急上昇中の川原弘之は5番手で投げて1回0封。
野手では甲斐、真砂が本塁打。真砂は右打ちの外野手として需要はあるだろうが、そうなると江川が崖っぷちに。

何度も言うようだが、この地金の試合結果は二の次、今日は金子侑司1番は侮れないという事、武田はもっとやらないとダメという事が分かった(自分で練習器具作っとる場合じゃないよ)ことが収穫か。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.