福岡県北九州市のソフトバンクホークスファンlovehawksによるホークス応援ブログです。

2019年ギータ三冠王なるか?

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

柳田悠岐は充実した自主トレを送れているようだ。
1月からの糸井、オリックス吉田らとの沖縄での自主トレで主にバットを振り込み、現在の故郷広島で行う自主トレでは主に盗塁王日ハム西川のやっているトレーニングを取り入れ下半身強化を図っているらしい。自主トレを見に来た達川氏(ソフトバンクホークス前ヘッドコーチ)は仕上がりの良さを認め。今年は昨シーズンの成績を必ず上回ると太鼓判を押した。

本人は昨シーズン前から三冠王への思いを口にしており今シーズンに向けての目標も圧倒的な成績を残したいと口にしている。具体的には言わないがそれはきっと三冠王の事だろう。
これまでにNPBで三冠王を達成した選手は2リーグ制(1949年)以降は野村克也、王貞治、落合博満、ブーマーウェルズ、ランディバース、松中信彦の6人。日本人選手は4人のみだ。
ギータはこの4人と名を並べることはできるだろうか。
柳田悠岐は今年30歳。野球選手としてはピークを迎えたところと言って良いだろう。過去の三冠王の年齢的な部分を含めて考察してみたい。三冠王がは純粋に打撃タイトルであるから参考にする指標はOPS(出塁率+長打率)で良いだろう。

〇王貞治

王貞治年齢-OPS

まずは世界のホームラン王、王貞治氏の年齢に対するOPSの推移だ。
デビュー以来右肩上がりでぐんぐん成績を上げながら26,27歳辺りでピークに到達し約36歳くらいまでの約10年間高い水準を保っている。その間33歳と34歳で三冠王獲得。OPSもキャリアハイである。

〇野村克也

野村克也年齢-OPS

NPB史上最も頭を使って活躍した選手野村克也氏の年齢-OPSの推移。
野村氏は19歳でプロ入りしすぐに出場するも全く芽が出ず、翌年(20歳)は解雇瀬戸際だったが、運もあり残留。そこから足りない部分を努力で補いなんとか1軍に定着すると、その翌年(21歳)には30本塁打。そこからわずかではあるが、27歳頃までじわじわと成績を伸ばし30歳の年に三冠王獲得。

〇落合博満

落合博満年齢-OPS

史上唯一三度の三冠王に輝いた天才打者落合博満の成績。
25歳と言う遅いプロ入りではあったが入団するなり3年でいきなりトップクラスの選手になり。29歳で三冠王獲得(当然史上最年少)
但しこの年(1982年)本塁打32、打点99、打率0.325、とその後の落合自身の成績と比べても飛びぬけていたわけではなくライバルが不在だったりと多少の運の良さもあったのだろう。

〇松中信彦

松中信彦年齢-OPS

平成の三冠王松中信彦の年齢-OPSである。特徴としてはピークが長く続いている感じではなく2001年(28歳)で一度OPS1を超えるが、翌年急激に成績を下げている。これは2002年より導入された新ストライクゾーンへの対応に手間取った為だと言われている。
その2年後(31歳の年)に三冠王獲得。翌2005年からは膝の故障と戦い続けることになりそこから大きく持ちなおすことはなかった。

〇まとめ

三冠王達成者の全てが30歳から35歳の間にキャリアハイを達成しそこで三冠王を獲得している。ライバルの成績など運も必要だろうが、自分自身のキャリアハイを達成するような成績でないと三冠王は難しいだろう。

〇それで、柳田悠岐はどうなのか?

柳田悠岐OPS-年齢

柳田は順調に成績をあげており今年の自主トレの充実ぶりを見る限りそろそろピークに達するのではないかと予想される。今年柳田自身のキャリアハイを記録することも十分考えられる。しかし、三冠王の成績のうち打点ばかりは自分だけではどうしようも無いので柳田の前を打つ打者の成績が大きく関係してくる。柳田自身は一番今宮、2番上林を希望して自分は3番を打ちたいらしいが、では4番をだれが打つかという問題が発生する。順当ならば内川だろうが、その内川は2年続けて出場試合数が100を切っている。内川が相手にとって抑えやすい打者であれば敬遠も増え本塁打も打点も増やせないだろう。内川のコンディションがどれくらい保たれるかが鍵になりそうだ。
 ライバルの事を考えると打率は秋山(L)本塁打は山川(L)打点も山川(L)だろうか。昨年の打点王浅村はFAで楽天へ移籍したことにより西武の時と同じではない。打点をどれくらい稼ぐかは未知数だ。三冠王は数字ではなく他の打者との競争の結果であるから仕方のないところだが、まずは自分自身のキャリアハイを記録することが大事だろう。


〇三冠王の打順

柳田h自身は少しでも打席数を増やすために3番を打ちたいと話しているが、これまでの三冠王達成者はどんな打順で打っていたのだろう。
以下の通りであるが、やはり4番が多い。

1965野村克也 4番(3番ブルーム5番ハドリ)

1973 王貞治 3番(2番高田繁 4番長嶋茂雄)

1974 王貞治 4番(3番長嶋茂雄 5番柴田勲)

1982 落合博満 4番(3番有藤 4番レオン)

1984 ブーマー 4番 (3番蓑田 5番松永)

1985 バース 3番 (2番弘田 4番掛布)

1985 落合博満 4番 (3番リー 5番山本功児)

1986 バース 3番 (2番吉竹、北村 4番掛布)

1986 落合 4番 (3番:リー 5番山本)

2004 松中 4番(3番井口 5番城島

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 鷹の翼 , 2019 All Rights Reserved.